〒222-0033
横浜市港北区新横浜2-6-23 金子第2ビル12F
一般外来横浜市検診、特定健診企業健診人口透析

血液内科|港北区新横浜の内科・腎臓内科・血液内科・泌尿器科|貧血

HOMEお知らせ医師のご紹介当院のご案内透析交通案内

血液内科

MOBILE SITE
HOME»  血液内科

街角の血液専門医から患者の皆様へ

患者様が血液の病気として日常的になじみのある言葉は「貧血」であろうと思います。「貧血」は血液の成分のひとつである「赤血球」が不足した状態です。
症状としては一定以上に悪化すれば「動機」「息切れ」「めまい」が出現しますが、それ以前の症状がない状態でも、検査(健康診断)で検査値の異常(赤血球減少、ヘモグロビン低値などと書かれます)として発見されます。
血液専門医としては、この時点で主治医の先生方よりご紹介いただく事が多く、その中で最もよく拝見するのが「鉄欠乏性貧血」です。
体の中には一定量の鉄分が貯蔵されていますが、何らかの理由で不足するとその名の通り「鉄欠乏性貧血」を発祥します。通常は内服薬で外来治療が可能です。
しかしこの「貧血」は女性に見られる生理からくる貧血から、特に男性や高齢女性の場合は、胃潰瘍や痔疾患、がんがその裏に潜んでいることが多く、放置しておけるものではありません(体から鉄分が失われる理由は多様だからです)。つまり一概に鉄欠乏性貧血と言っても血液科以外の診療科での対象となる疾患が潜んでいますから、一度は血液専門医の診察を受け、適切な助言を受けることが大切です。
さらに血液専門医としてはそれ以外の貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血、悪性貧血なども治療しますが、入院が必要になった場合などは信用のおける専門施設をご紹介させていただきますので、ご安心下さい。

以上の様に健康診断の「貧血」と言う結果を放置することのないようお願い申し上げますと共に、血液専門医の積極的なご利用をお勧めします。

日本血液学会専門医、指導医
宮本 鋼 記

血液内科担当医師

担当医 宮本 鋼

所属学会
日本内科学会総合内科専門医、指導医
日本血液学会専門医、指導医
日本老年病学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医

専門外来表

 
血液内科
   
     
診療時間
   
午前・午後
     
担当医
   
宮本
     
上記予定は学会等で休診または担当医が変更になることがあります。
(専門外来診察ご希望の方は、あらかじめお電話にてご確認下さい。)
【休診日】日曜・祝日、その他夏季・冬季休日があります。
臨時休診等はお電話でご確認下さい。
生活習慣病のご指摘をうけての診察は症状により当院専門内科外来を受診されることをお勧めします。
横浜労災病院、横浜市立市民病院、菊名記念病院等、医療機関連携しております。ご相談下さい。

PAGE TOP